9/21(土)【お酒を飲みながら描く絵画教室 vol.2】 イベントレポート

9/21(土)【お酒を飲みながら描く絵画教室 vol.2】 イベントレポート

こんにちは!BOY MEETS ARTのメンバーであり、ON PAPERでインターンをしている梅谷日奈子です。趣味はプロレス鑑賞です。

9/21(土)【お酒を飲みながら描く絵画教室 vol.2】 D&D ~Drinking & Drawing〜がON PAPER  という神戸のコワーキングスペースにて、開催されました〜〜!

イベントタイトルから受け取られるイメージ通り、お酒の力を存分に借りて、普段ちょっとためらいがちな「絵描き」に挑戦するというもの🍷


第2回目のテーマは、残暑を惜しんで描く【 ゴッホのひまわり 】ご用意したお酒は2点【 ①ハイネケンビール②ジュネヴァ 】です。


なんと、テーマに関係するお酒をソムリエである小野寺さんにセレクトをしていただきました🌻

ー イベントの様子 ー
17:00スタートということで、10分前から続々と参加者の方々がお酒のバーカウンターで【 本日のお酒、ハイネケンビールまたはジュネヴァ 】を購入します。🍻


17:00から本日の先生『 下田 優里さん 』の絵画レッスンをスタート!ゴッホのひまわりの描き方は順を追ってレクチャーされていたので、絵を描くことが不安な方も問題ありません。🍷


不思議なことに、みんな同じレクチャーをされているはずなのに、レッスンが進むにつれ、一人一人異なる個性を放つひまわりが描かれていきます。💭 ( ※お酒も嗜みながら) 


お酒のセレクトを担当しているirodori farms 代表 小野寺 彩奈さんがテーマとお酒にまつわる素敵なエピソードをお話ししてくださりました。


耳でゴッホの時代を感じ、ハイネケンを飲み、ひまわりを描く…何と贅沢な体験なのでしょうか💭

講師の下田さん

ーゴッホとお酒のお話ー 

小野寺 彩奈さんがなぜ、ハイネケンビールとジュネヴァをセレクトされたのかというお話を、当日参加できなかったというあなたのために…👼


『 今回のお酒は、ゴッホの出身地オランダのお酒として、”ハイネケン”と、ジンの元祖”ジュネヴァ”をご用意致しました。


オランダの首都アムステルダムにはミュージアムがいっぱいあって、アート系の美術館、チューリップ(お花)、チーズ(食べ物)、ビール(“ハイネケン”エクスペリエンス)などなど…あるんです!
その中にハウスオブボルスという、ジュネヴァの一番の老舗、ボルス社が運営するお酒のミュージアムがあります。もちろん!ご用意したのは老舗ボルス社のジュネヴァです。


実はこのミュージアム、ゴッホ美術館と見つめ合うように建っているんですよ〜!しかも創業者ボルスさんは絵画好きで、ハウスオブボルスにも絵画が飾ってあるとか…何と運命的な巡り合わせなのでしょうか?ゴッホの絵も飾ってあるのかも知れないですね。

現代でもオランダではポピュラーなお酒として飲まれているジュネヴァ、アルコール度数が40度以上あります。元々度数の強い蒸留酒は医療用として飲まれていたのですが、この薬効を高めるためにハーブや薬草、スパイスを入れて作ったのがジンのはじまり、ジュネヴァの誕生です。


ゴッホは精神を病んで自殺した説が有力と言われています!ジュネヴァを治療で飲んでいた可能性は高いです。ちなみに今回のお酒は、数々の芸術家たち(ゴッホはもちろん、有名どころではピカソ、モネ、ヘミングウェイなど)を狂わせたと言われる禁断のお酒”アブサン”と迷いましたが、アブサンは飲み方や風味が独特なので、親しみやすいジュネヴァを選んでおります。 』


何と、運命的なお話なのでしょうか?このお話を聞いてしまった以降、ハイネケンを飲む際はゴッホのひまわりを思い出してしまうこと間違いありません…🍻

(左端からONPAPER一恩さん、講師の下田 優里さん、お酒提供の小野寺 彩奈さん)

参加者さんが『 絵なんて描いたのはいつぶりだろう。
アートに対して今まで鑑賞という立場で関わっていたけど、自分で創ってみるというのも新しい楽しみがあるね。また来るね。』とおっしゃっていたのが印象的でした。


なん私たちは普段、本やスマホの画面から鑑賞する立場を取り芸術の価値を享受します。


ですが、誰しも筆と紙さえあればアートを作るという体験ができ、その体験をすることでしか感じられない楽しみ方がある。そんな事実を今回D&Dに参加してくださった方々の生き生きとした姿を見て感じました。


私もたまには何か描いてみようかな?気恥ずかしいので好きなお酒を飲みながら…この度はご参加ありがとうございました。

次回の開催は未定ですが、その他のイベントに関してはBOY MEETS ART公式ツイッター(@boy_meets_art)もしくはON PAPERホームページ(https://onpaper.jp/) をご覧ください。


《主催》
BOY MEETS ART (@boy_meets_art)
ON PAPER(https://onpaper.jp/

《絵画講師》
下田 優里 (@yriart_)

《アルコールプロデュース》
irodori farms 代表 小野寺 彩奈

イベントレポートカテゴリの最新記事